川西珠算学院の最大の特長は基礎脳力の向上です

「基礎脳力」とは当学院が名付けた言葉で、スポーツで言う基礎体力に相当するものです。技術も大切ですが基礎はもっと大切で、基礎がないと話になりません。

当学院では「とにかく検定試験さえ合格すればいい」という指導ではなく、しっかりとお子さんの知能を育成することを重視しています。

そしてその結果として「計算力向上」や「検定試験合格」ができればよいと考えております。

そろばんを弾く女子生徒

豊中市で55年以上の実績

東豊中校の授業風景

川西珠算学院は55年以上の歴史を持つそろばん教室です。現在は豊中市内に3校(東豊中・旭丘・緑地)開校しております。また、2020年よりオンラインコース、ハイブリッドコース(オンラインと通塾兼用)も開設しました。

これまでにそろばん大阪一など、多くの優秀な生徒を育ててきました。そろばんの技術指導においては豊富な実績もあります。

しかし、現在、当学院が最も重視していることは基礎脳力の向上です。

というのも、幼児から小学生くらいまでの脳の発育の個人差は非常に大きいからです。ゆっくり学習を進めた方が良いお子さまに先取り教育をさせると算数嫌いになってしまいます。

先取り教育での失敗例は教育の場で非常に多くみられる例です。逆にどんどん進めた方が良いお子さまももちろんいます。

当学院では、お子さま一人ひとりの理解度や習熟度、脳の発育状況を見極めながら学習の進捗管理を行っており、個別に最適化したカリキュラムで珠算および暗算の指導を行っております。

数々のメディアや世界も認めた「川西メソッド」

当学院では子供向けの教室運営以外にも、シニア向けの認知症予防メソッドである「そろばん式脳トレーニング」の普及活動を行っていたり、トルコ、スウェーデン、台湾、イランなどでそろばん教室の開講やそろばん指導ノウハウを提供し、そろばんの世界的な普及活動にも力を入れております。

その活動はメディアからも注目され、当学院の指導法は「川西メソッド」として、ありがたいことにこれまで多数の新聞、テレビ、ラジオ、雑誌から取材をしていただきました。

実社会で使われなくなったそろばんですが、そろばんの役割や学習目的は時代と共に変化しており、それに合わせて川西メソッドも日々進化させております。
今もなお、そろばん学習は、数の学習に効果的な教育法です。

真相報道バンキシャに出演する川西一仁代表

お知らせ

各コース空席状況

×…満席・入会待ち △…空席わずか(要問合せ) ◯…空席あり -…設定なし

東豊中校

幼児
1組×
2組×
3組
2021.5.26更新

旭丘校

1組
2組×
3組
2021.4.23更新

緑地校

幼児
1組×
2組
3組
2021.6.8更新

オンラインコース・ハイブリッドコース

オンラインA・ハイブリッドA(火曜18:00-18:50)
オンラインA・ハイブリッドA(水曜18:00-18:50)
オンラインB・ハイブリッドB(火曜17:00-17:50)×
オンラインB・ハイブリッドB(水曜17:00-17:50)×
オンラインC・ハイブリッドC(フリータイム)
2021.5.25更新

教室案内

東豊中校

東豊中校

旭丘校

旭丘校

緑地校

緑地校

生徒・保護者の声

当学院に通っていただいている生徒・保護者、それから卒業した生徒・保護者の皆さんからお声をいただいております。
入会検討の際にご参考になさってください。

まずはお気軽に無料体験にお申込みください

TEL:0606848-6022

(平日10:00 -18:00)

Instagram